<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> 広島の眼科 益田眼科 広島駅より車で5分 広島県府中町大須の眼科

広島の眼科 益田眼科広島県安芸郡府中町の眼科 ◆日帰り白内障手術 ◆コンタクトレンズ外来

 眼底検査を行うとき、光を眼に当てると光に対する反応で瞳(瞳孔)が小さくなってしまいます。このため、糖尿病網膜症の精密眼底検査や飛蚊症の原因検索などで、眼底を隅から隅まで観察する必要があるときは、目薬(散瞳薬)を点眼して瞳を大きくして眼底検査を行うことがあります。これを散瞳検査といいます。
散瞳薬を点眼後30分くらい(人によっては1時間)で瞳が大きくなり、精密眼底検査が可能となります。検査終了後、瞳が元の大きさに戻るまでに5〜6時間かかり、その間近くの字が読めない、まぶしい、遠くがぼんやりする等の症状が続きます。バイクや車の運転はできません。
散瞳検査を予定しているとき、あるいは症状が変化し散瞳検査を希望されるときには、バイクや自家用車を運転しての受診はせず、他の交通機関を利用されることをお勧めします。


b-line
 
院内マップ
院内マップ
駐車場案内
駐車場案内